G・V・オーウェン


 




G.V. オーエン  (1869-1931)

G.V. オーエン (著), George Vale Owen (原著), 近藤 千雄 (翻訳)
霊界通信 ベールの彼方の生活〈全4巻〉執筆。その他多数執筆。
「シルバーバーチの霊訓」「モーゼスの霊訓」と並ぶ英国が生んだ三大霊訓の一つ。

 イギリス、オーフォードの教区牧師。20年の牧師経験をした頃から自動書記能力が
開発され、記述したものを、新聞に掲載。それが後日まとめられて1920年に「ベールの
彼方の生活」4巻として出版。大反響を呼ぶ。国教会の怒りをかい、牧師を止めて講
演旅行をする。

 他界後、フレデリック・H・ヘインズの自動書記にオーエンが通信して「天国からの声」
を出版。




◆ 日本語訳文献


 
(1)霊界通信 ベールの彼方の生活〈第1巻〉「天界の低地」篇

G.V. オーエン (著), George Vale Owen (原著),
近藤 千雄 (翻訳)

 
(2)霊界通信 ベールの彼方の生活〈第2巻〉「天界の高地」篇

G.V. オーエン (著), George Vale Owen (原著),
近藤 千雄 (翻訳)

 
(3)霊界通信 ベールの彼方の生活〈第3巻〉「天界の政庁」篇

G.V. オーエン (著), George Vale Owen (原著),
近藤 千雄 (翻訳)

 
(4)霊界通信 ベールの彼方の生活〈第4巻〉「天界の大軍」篇

G.V. オーエン (著), George Vale Owen (原著),
近藤 千雄 (翻訳)