浅野和三郎


 






★浅野和三郎

浅野 和三郎(あさの わさぶろう)
1874年(明治7年)8月 - 1937年(昭和12年)2月3日)
筆名は浅野 馮虚(あさの ひょうきょ)、憑虚 。
日本の心霊主義運動の父。茨城県出身。



参考リンク  ウィキペディア  浅野和三郎




◆ 日本語訳文献




 
心霊講座―人間霊性の開花のために
   浅野 和三郎 (著)






読みやすい現代語訳 心霊講座
 
黒木 昭征 (現代語訳)

 
霊界通信 新樹の通信
       浅野 和三郎 (著)

 

 
小桜姫物語―霊界通信
   浅野 和三郎 (著




小桜姫と新樹の物語 現代文訳
黒木 昭征 (現代語訳)

浅野和三郎著『小桜姫物語』と『新樹の通信』の2冊を現代文に訳し、それらを『小桜姫と新樹の物語』の新タイトルで一冊にまとめたものです。

第一巻 小桜姫物語、 第二巻 新樹の通信

死後の世界

     浅野 和三郎 (翻訳)

 
岩間山人と三尺坊―神秘物語  

浅野 和三郎 (著)

国立国会図書館デジタルコレクション にて閲覧可能です。

 
『心霊学より日本神道を観る』

心霊科学研究会、1938年

国立国会図書館デジタルコレクションにて閲覧可能です。

 
幽界行脚  (心霊図書館 Webリンク)

ohn Sebastian Marlowe Ward  J.S.M.ワアド著

淺野和三郎・粕川章子共訳