福来友吉 (日本)


 


★福来友吉 (日本)

福来 友吉(福來 友吉、ふくらい ともきち、明治2年11月3日(1869年12月5日) -
1952年(昭和27年)3月13日)は、日本の心理学者、超心理学者。東京帝国大学
助教授、高野山大学教授。文学博士。念写の発見者とされる。


国立国会図書館デジタルコレクション にて閲覧可能 「福来友吉」で検索すると、下
記リストよりさらに多数表示されます。

参考リンク  ウィキペディア 福来友吉 



◆ 日本語訳文献


 
『透視と念写』  (←リンク)

宝文館、1906年(1992年、福来出版)

国立国会図書館デジタルコレクション にて閲覧可能

 
 「観念は生物なり」 (←リンク)

大正15年
日本心霊学会

国立国会図書館デジタルコレクション にて閲覧可能



 
「心霊の現象」 (←リンク)

大正5年




「心霊の現象」(増補)

大正6年


国立国会図書館デジタルコレクション にて閲覧可能

「精神統一の心理」 (←リンク)

大正15年

国立国会図書館デジタルコレクション にて閲覧可能

「生命主義の信仰」 (←リンク)

大正12年

国立国会図書館デジタルコレクション にて閲覧可能